FC2ブログ

7月焼き上がり!

2020年07月16日 22:27

DSC_6248 - コピー
DSC_6261 - コピー
DSC_6258 - コピー
DSC_6255 - コピー
DSC_6256 - コピー
DSC_6240 - コピー
DSC_6265 - コピー
DSC_6244 - コピー
DSC_6266 - コピー
DSC_6268 - コピー
DSC_6262 - コピー
DSC_6267 - コピー
思いもよらぬような出来事に、世界中がてんやわんや。
緊急事態宣言から教室再開し、久々にブログを書いています。

たいがい、コロナ野郎に不安な気分にさせられて、
「この先どの様なことになったとしても、強く生きよう!」というような覚悟迫られたり(汗)
そんな中一つだけ…

自粛中に会員の方々に休講の連絡をした際のこと。
みなさんに「教室再開の日を待ってます!」とか「土が恋しいです!」とかいうような言葉を沢山頂いて、
「こんなにも教室のことを思ってくれている人がいるんだなぁ…」と、
わたくし正直、思わぬところで温もり頂いてしまいました(笑)
会員の皆様、勇気もらいました。
ありがとうございます。
しかし、まだまだ気を緩められない状況ですね。
手洗いうがい、お互い気を引き締めて予防に努めましょう。

僕は自粛中の期間、開催間近の個展が控えていたものですから、多くの時間を作陶に費やしました。
体調管理にランニングなど運動も少々したり。
あと、気晴らしにユーチューブで動画あさったり…

何を検索してたどり着いたのか忘れましたが、
昭和のアニメ「日本昔話」の怖い話にたどり着きましてですね、
その中の「飯降山」(いぶりやま)という福井県の話に僕はとても興味をひかれました。
すこぶる不気味で、シュールで、それでもってなんだか魅力を秘めたお話なんです。
昔話は一般的に、教訓とか、いましめとか、そういう様なものが多いように思うのですが、
この話にはそれが感じられないんです。
なにをどう受け止めていいのか分からない…
そして、なんとも後味悪く、ジワジワ怖い…
自粛中の夜中、僕は思わず何度も何度も見返して、たんびにゾッとしましたとさ!

お話は10分程度。
誰か、この話どういうことか教えてー





スポンサーサイト



3月焼き上がり!

2020年03月15日 19:50

DSC_5783 - コピー
DSC_5787 - コピー
DSC_5779 - コピー
DSC_5806 - コピー
DSC_5807 - コピー
DSC_5794 - コピー
DSC_5797 - コピー
DSC_5803 (1) - コピー
DSC_5814 - コピー
DSC_5811 - コピー
DSC_5777 - コピー
DSC_5791 - コピー
「大人になるというのは/すれっからしになることだと/思い込んでいた少女の頃/立居振舞の美しい/発音の正確な/素敵な女のひとと会いました/そのひとは私の背のびを見すかしたように/なにげない話に言いました

初々しさが大切なの/人に対しても世の中に対しても/人を人とも思わなくなったとき/堕落が始るのね 堕ちてゆくのを/隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし/そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな/ぎこちない挨拶 醜く赤くなる/失語症 なめらかでないしぐさ/子供の悪態にさえ傷ついてしまう/頼りない生牡蠣のような感受性/それらを鍛える必要は少しもなかったのだな/年老いても咲きたての薔薇 柔らかく/外にむかってひらかれるのこそ難しい/あらゆる仕事/すべてのいい仕事の核には/震える弱いアンテナが隠されている きっと……/わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました/たちかえり/今もときどきその意味を/ひっそり汲むことがあるのです」

この詩は、詩人の茨木のり子さんの「汲む」という詩です。
わたくし50代も近くなってきましたし、20、30と歳を重ねるごとに、人生をなるべく楽しく過ごすための「スキル」みたいなものは多少は身についてきたかも知れない、と思えるところはあるんです。
たとえば、「人の考え方を変えることは出来ないんだな」と学べば、「自分の考え方を変えるしか方法がない」ことをしる。というような心構えとか、多少は学んでこれてるかなと思えるんです。
でも、そういうのって「鎧が分厚くなるだけ」みたいな感じもするんですよね。
つまり、鎧の下は幼少の頃から大して変わらないんじゃないかと思うわけです。どう考えても自分は今でも不器用な人間ですけん。
だからですかね?ぼくはこの詩がとても胸に刺さります。
ドジな自分を許す日に、うまくやれない人に寄り添う日に、この詩を思い出します。
とある人にこの詩を教えてもらって以来、僕の心の中に大切にとどめています。
この詩は一部の人の心に、ぽっと光をともすような暖かい詩だと思います。
なので、不器用な僕から不器用なそこのあなたへ贈りたいと思います。
「知識は水だ。独占してはいけない」と、ぺこぱが漫才で言ってたしね(笑)



2月焼き上がり!

2020年02月07日 21:29

DSC_5691 - コピー
DSC_5681 - コピー
DSC_5686 - コピー
DSC_5504 - コピー
DSC_5676 - コピー
DSC_5689 - コピー
DSC_5692 - コピー
塩田千春さんという現代美術のアーティストがいるんです。
代表的なものでいうと、空間を糸で張り巡らせ埋め尽くすようなことをするインスタレーションのアーティスト。
先日、その方の展覧会を観に行ってきました。
その会場がなんと家から歩いて5分ぐらいの場所。つまり岸和田市で、マドカホールという市民施設での展示だったんです。
世界で活躍する有名アーティストさんなので「なんで岸和田?」と驚いたのですが、塩田さん岸和田出身の方だったんですね!
それで凱旋展覧会とでもいいますか、まあそんな感じの展覧会なんだと思います。
で、その塩田さんは僕の大学の同級生でもあるのですよ。
僕は陶芸学科、塩田さんは洋画学科で、専攻科目が違ったので、しゃべったことは一度ぐらいしかないのですが。

最近、僕は家から工房に向かう道のりを20分ぐらい走って行くんです。健康、ダイエットのために。
その道すがらに展覧会場のマドカホールがあるもので、気軽な格好で、贅沢な気分で立ち寄ってみました。
会場はやはり彼女の代名詞である赤い糸で張り巡らされていました。
「おー!いいねー!」
そんな感じで観ていたら、ご本人もタイミングよくおられる。
で、さすがスターやね!ファンの写真撮影会が絶えない。
「こんにちはー!久しぶりー!元気ー!」
とか言って、友達面して話しかけて『えっ、だれだれこの人?』って塩田さんを困らせてみるのも面白いかなと思ったのですが、その手前でこれまた偶然に大学時代の陶芸学科の後輩にバッタリ出会い「おー久しぶりー」となりました。

その塩田さんファンの後輩と立ち話をしばし。
「自分は今こんな感じで…、誰々は今こんな感じで…」
久しぶりに会った人とする会話をお互いに交わす。
その話題のひとつに心がぐらっと揺れた。
大学でお世話になった恩師の一人が、先日亡くなられたという話…

ゆっくり観て満足。とってもよかった。
「さて、お互いの職場へ向かいますかい」
と、今からお勤めだという後輩ともバイバイする。
僕はわが工房へ。

「塩田さんすごいな。いい感じをもらった」
「時間が、たったんだなぁ」
「かっこいい先生だったな。最後もかっこいいよ先生」
「そういえば学生の時、好きだった空気や日差しってあったよな」
「最近そんなこと忘れてるな」
「今日はあれを削って仕上げなな」

塩田さんの絡んだ赤い糸がずっと頭の中にある。
糸が人々のつながりに思えた。
いろんな情報が一気にきたから、頭の整理がつかない感じがある。
けど、悪い気分ではない。
答えなどないこの感じ、アートだな。このまま食らおう。
と、言葉に出来ない感情を持っていつもより少しだけ速いペースで工房まで走った。














1月焼き上がり!

2020年01月18日 20:56

DSC_5496 - コピー
DSC_5497 - コピー
DSC_5514 (1) - コピー
DSC_5512 - コピー
DSC_5517 - コピー
DSC_5508 - コピー
DSC_5507 - コピー
DSC_5505 - コピー
DSC_5511 - コピー
DSC_5509 - コピー
DSC_5502 - コピー
DSC_5498 - コピー
気が付けば1月も後半。
年々早く感じる時間の経過。
そういえば、テレビの「チコちゃんに叱られる」でチコちゃん言うとった。
「大人は日々にトキメキを感じなくなるから、時間の経過を早く感じるようになる」というようなことを。
ほな、わしゃ知らんうちにバッチリ大人ってこと?
時のはやさが全盛期のボルト並みやもんね。
感覚と貯金額はまだ成人式前ぐらいやけどな。

お正月は2日に初詣に行きました。
そこで、おみくじを久々に引いてみたんです。
おみくじ、書いていることに気持ちが流されそうで、それが嫌で、普段引かないんですよ。
つまりビビッてるんです。おみくじのこと。
でも今年はちょっと引いてみよか!という気になって引いてみました。
もらった紙を恐る恐る見る。
「小吉」
微妙な気持ちで文を読む。
「暗闇に月の光が差し込んでくるが如く、幸運次第に加わる運。焦らずさわがず何事も成就すべし」
こんな感じのことが書いてありました。
家族で行ったのですが、みんなにビビっていること気づかれたくないので、陰でそのおみくじこっそり何回も何回も読み直しました。
「うん。悪くない悪くない。いい感じや!」
最終的にとても気に入り、一安心。

しかし、我ながら思いましたね。
「過去におみくじでなんか嫌なことあったっけ?こんなにおみくじ恐れる奴おらんやろ」と。
当分やめとこかな。
おみくじは寿命が縮まる危険な遊びや。


さあさあ新年度始まりましたよー。
どうか今年も陶音をよろしくお願いいたします。
会員の方々。新年会2月9日(日)夕方~です。是非す!
※時間はまた伝えますー

土鍋焼き上がり!

2019年12月28日 17:47

DSC_5467 - コピー
DSC_5472 - コピー
DSC_5470 - コピー
DSC_5474 - コピー
DSC_5463 - コピー
DSC_5455 - コピー
DSC_5454 - コピー
DSC_5458 - コピー
DSC_5457 - コピー
普段あんまりテレビを見る習慣がないのですが、近年の朝ドラは毎回見ているんです。
今回のドラマ「スカーレット」は、女流陶芸作家のお話なので普段より更に興味津々で見始めたわけですが、これがなかなかいい感じなんですよねー。
朝ドラって、大変シビアな時間帯だと思うんですよ。
多くの人が忙しい時間帯ですし、僕自身も気持ちがのってこないドラマの時は自然と「まあええか」となって朝寝坊を選んでしまいがちです。
今回のスカーレットは「あ、始まる。起きよ!」と目が覚めますね。(今のところ)

「スカーレット見て習いにきました!」という方はまだ残念ながら来られてないのですが、教室内では少々反応ありですよ。
例えば、最近主演の戸田恵梨香さんが土を練るシーンが出てくるようになったのですが、会員さんの中には「にわか仕込みに負けてたまるか!」と、戸田さんに妙なライバル心燃やして菊練りの練習をする人とかいましたね。
で、最後「女優さんってすごいなぁ」って話でしめてましたけど(笑)
それとか、エリカという名前の会員さんがいるんですよ。
なので僕が、「今話題のエリカが、ここで陶芸やってます!」って表に張り紙しよか。お客さん増えるかも!」とアホなことを言うと、更に…
『それって沢尻…?』
見事なボケかぶされて…
「陶芸は戸田やろっ!」って感じで。
NHKさん、おかげさんで、たのーしく、させてもーてますぅ⤴(これ、喜美子風言い回しね)

今、ドラマは半分地点ぐらい。
これからあと三カ月ほどあるのですが、どんな感じになっていくのでしょうか。
「頑張ってくれ!このまま僕の目が覚めるドラマであってくれ!」
と、僕は願うばかりです。
なにせこのドラマの視聴率は、我々陶芸関係者の未来にも影響を及ぼすであろうから。
NHKさんファイトす!(テメーで頑張れよって話ですわねW)


さてさて、本年も本日で最終の教室となりました。
みなさま、本年も大変ありがとうございました。
そして、新年からも引き続き陶音をよろしくお願い致します。
新年は8日(水)からのスタートとなっております。
よいお年を!

※新年会を2月9日(日)に行います。ご参加出来る方は是非お越しくださいませ。新年を祝いましょう!


最新記事