還元の窯出し

2011年02月06日 14:26

012 - コピー
010 - コピー
014 - コピー
023 - コピー
040 - コピー
006 - コピー
008 - コピー
031 - コピー
035 - コピー
004 - コピー
038 - コピー
還元の作品、焼き上がりました!

しかし、今回の窯詰めは手こずってしまいました!
窯詰めは、窯にどれだけ作品が入るのかを感覚的に判断する経験と勘が必要。
今回作品多いなぁ、と不安には思っていたのですが、まぁ、いけるやろ!と軽く判断。
なるべくギリギリつめつめに詰め始め、少し経つと「これはいけるな」と判断!
なんか気持が楽になり、「陶音には~それはそれは綺麗に~詰める神様が~いるんやで~♪」的なアホな替え歌を口ずさんでみたり余裕。 異変に気が付いたのは何段か棚を組んだ後でした。
「あっ、これも入れるんやった…」
数個の目に入らなかった作品をみつけて以来、替え歌「陶音の神様」は口からもれることはありませんでした。
そして、終電付近まで窯詰めをするのでした。(しかも、何個かどうしても入らなかった。ごめんなさい。)

窯詰め後半に,空腹も手伝ってのことですが「も~焼かんでええやん!紙粘土でよろしやん!」と少し思ってしまった自分を、焼き上がりを見て今恥じております。
還元独特の焼き上がりの雰囲気に萌え、です。

スポンサーサイト


最新記事