お盆休みのお知らせ

2011年07月31日 14:29

017 - コピー
陶音ギャラリーでの写真展「ETERNAL」は今日で最終日となりました。
作家の馬場幸未さんはご存知、陶音スタッフの馬場さんです。

いろいろな写真が飾られている中でも、カマキリの写真がインパクトがあってとても面白いと思いました。
あと、家族の方々を撮ったものも印象に残りました。
なんか家族愛みたいなのが伝わる感じがして、おもわず自分の両親や姉のことを少し思いだしてしまいました。自分にとってどんな風に目に映っている人達やったかなと。
「写真は私小説だ」的なことを写真家アラーキーが以前言っていたような気がします。(気のせいかもしれませんが…)僕もそういうの好きです。個人のプライベートな目線からとらえたもの。なにかが、ガツンと伝わってきますから。

まだ、23歳という若さですから、これからが大変楽しみな人です。(おじーさんの様なセリフになってしまった)
馬場さん、お疲れ。これからもがんばってね!



お盆休み 8月13日~16日の4日間はお休みさせていただきます。ご了承くださいませ。
スポンサーサイト

6月の焼き上がり

2011年07月02日 13:13

015.jpg
017.jpg
001.jpg
004.jpg
006.jpg
007.jpg
008.jpg
011.jpg

いよいよ、暑いですね。電気店から、バカ売れで扇風機の姿がなくなっているらしいです。節電の夏、厳しい夏になりそうですね。
 
さて、ちょっとお知らせ。7月14日から19日まで箕面市にあるギャラリー、MICALIギャラリーで以前陶音の講師をされていた松尾先生と松岡先生の共同作業による作品展「MOMONEの器のある風景」が始まります。お時間がある方は、是非ご観覧くださいませ。 
二人は僕からみて、陶音で大変お世話になった先輩講師であり、大学時代は重なって在学してはいませんが陶芸学科の後輩という方々。
同じ道を志すという意味ではライバルなわけですが、厳しい道であることを知っているだけに「お互い頑張ろうぜ!」という気持になります。
でも、あまりにいい作品を見せられると作家ごころに火がついて、なんか焦る気持ちが湧いてくるのも事実なんです。(笑)
自分にはその様な友人兼ライバルみたいな人が沢山おります。

「MOMONEの器のある風景」どんな気分にさせてくれるか楽しみです。





最新記事