5月焼き上がり

2012年05月31日 20:54

DSC04330コピー
DSC04347コピー
DSC04355コピー
DSC04326コピー
DSC04321コピー
DSC04314コピー
DSC04323コピー

滋賀県陶芸の森で研修生だったころ、ウォーレンマッケンジー(Warren MacKenzie)という有名なアメリカ人の陶芸作家と一カ月ほど過ごしたことがあります。
とても穏やかな暖かい人物で、当時75歳ぐらいだったと思います。
作る作品も日本の民芸の流れを汲んでいる器で、とても優しく力強い雰囲気のいいものでした。
ワークショップの機会があって、作品を手に取ると「少し重い!」正直そう思いました。
でもウォーレンは「私の作る器は少し重いでしょう。でも、このズシッとくるぐらいが私は好きなんです。持っているって感じがして好きなんです」と穏やかに語りました。
なんてことのない台詞でしたが、当時、薄く軽く作ることが器作りの正解だと思い込んでいた自分には、その言葉がビビッときました。
薄く軽く作ることだけを考えていると、表現の幅が狭くなります。
薄く軽くは終点ではなく表現の一つで、もう一つ先に自分の好みの厚みや重みがあることに気がついたんです。
「自分のいいと思うものを形にする。それが一番大切でしょう」みたいな感じが押しつけがましくなく伝わってきて「かっこいい!」と思いました。
力強く生きる人は、欠点や弱い部分を、カッコイイものに変える力があるんですよね~。
「これでいい。これがいい」と、りきまず言える日が来るまでは、いろいろな経験をして沢山学ばないといけないんでしょうけどね。

ジャズの巨匠、マイルス・デイヴィスの言葉
「よく学べ、そして忘れろ!」
何か新しいものを開拓していく人の言葉ですよね。
そして、人生を力強く生きる方法にも思いますね!




スポンサーサイト

4月焼き上がり!

2012年05月09日 20:47

002 - コピー
004 - コピー
014 - コピー
010 - コピー
021 - コピー
連休に姫路の書写山に行ってきました。
書写山は「西の比叡山」とも呼ばれる平安時代中期に建立された天台宗三大道場の一つ圓教寺の本山。西国33霊場の第27番札所にあたるところ。らしい。
最近では映画「ラストサムライ」の撮影が行われた場所だとか。

お寺まではロープウェイを降りてから更に山登り。
娘の「ダッコして!」攻撃に、
「そんなんじゃキュアビューティーさん(アニメ、プリキュアに出てくる人物)みたいになれないよ!」
山頂までこんなラリーを何度繰り返したことか…(-_-;)。
でも、お寺よかったですねー。
ガッツーンときました。
日本の控えめな美に圧倒される感じで、本当に素晴らしかった!
トム・クルーズもきっとそう思ったにちがいない。
僕は中でも、とりわけ大きな仏様の顔がとても好みでした。LOVEだなー。
なんかアホな感想やなと我ながら思うのですが、
仏さんといえど、好みの顔ってあるでしょ?
造形にかかわる人間ですから、どんなものでも形が気になるのです。と、もっともらしく言ってみる(笑)

書写山、とってもいいところですよー! 







最新記事