まだら赤土!

2012年09月16日 18:31

002 - コピー (2)
新しい土の紹介です。
還元焼成で焼くと、土に含む鉄分が程良く表面に出てきて、ポツポツとまだら模様になります。
全体の色味は、赤土特有のダークな色味。
和食器の土ものっぽい雰囲気が好きな方にはとてもおすすめの土です。
適当な釉薬を掛けて還元焼成で焼きあげれば、それだけでそれなりの雰囲気になりますから。

まだら赤土、1キロ 1500円で販売しております。
気になった方、是非お試しあれ!

スポンサーサイト

8月、焼き上がり!

2012年09月01日 18:00

030 - コピー
036 - コピー
040 - コピー
044 - コピー
053 - コピー
005 - コピー
010 - コピー
017 - コピー
022 - コピー
そうそう、前回のブログの写真、一番下の水色の作品。
この作品の色は、新しい釉薬をかけて焼いた作品です。綺麗でしょ。
名前は、そのまま「水色釉」

みなさんに「その名前…なんか他になかったん」的なご指摘を沢山いただいております。そりゃどーも。
でも、ですよ。
釉薬の名前、油滴天目!(ユテキテンモク)とか、辰砂!(シンシャ)とか、迫力があってかっこいい名前だけど、なんか大袈裟なんすよ!僕に言わせると。なんか照れくさいじゃないですか。 なんて思いまして…。
で、もっとさり気なくて軽やかでオシャレなのないかな…とかいろいろ思って、行き着いた名前がそのまま「水色釉」!
確かにこれは何もなさすぎたかもな…。
オシャレでもないし。ちょっとテンション低いし。
せめて第二候補の「空色釉」やったかもな…。
いや、もっとテンション上げて「ブルーハワイトロピカル!!!」とかがよかったのか…。

でも、変えないです!
みんな、口を揃えて僕のネーミングセンスを問うもんだから、変えないっす。意地で(笑)


なにはともあれ、「水色釉」綺麗ですよ。お試しあれ!




最新記事