9月焼き上がり!

2014年09月14日 18:21

005 - コピー
013 - コピー
009 - コピー
003 - コピー
035 - コピー
030 - コピー
027 - コピー
017 - コピー
011 - コピー
夏休みの後半に、香川県の直島に家族旅行に行ってきました。
直島はアート作品が沢山ある島。
行った人は大概「いいところだ」と口を揃えて言ってたけど、やっぱりいいところだったなー!
僕も含め、美術が好きな人にはたまらなく楽しいところ。
そうでもない人もあそこなら「ちょっと楽しいやん」ってなるはず。それは、うちの小1の娘が証明をしていましたよ。

娘は父親である僕の展覧会でさえこばむ筋金入りのアート嫌い!(ま、大人だけでしゃべりこんだりするから、退屈な場所の印象になっちゃってるんだろうなぁ)
娘をごねさせないために、いきなり島に渡らずに岡山で一泊。
こちらの作戦は、岡山の「おもちゃ王国」というところで娘をある程度満足させてから島に上陸する作戦!
じゃないとごねてアート鑑賞に集中出来なくなるのは目に見えている。
案の定、直島について美術館に行くと伝えたときの娘の不満は大変なものだった。
「おもちゃ王国にかえりたい!」だの「また100時間ぐらい美術みるん?」だの。
いちいち大袈裟な表現をするのがうちの娘の特徴。(妻は「大袈裟な表現はパパ似やねー」みたいなことをつぶやいているけど…)
ところが娘、美術館をまわっていくうちにちょっと楽しい気分になってきたようで、「もう一度あのチャルチャル言ってるお人形をみたい」とかみずから言いはじめました。(これが随分シュールなオブジェ作品なんですが、お好きなようでして…。随分長いこと見てました。かわったおこさんだ…汗)
ま、こちらは「しめしめ、よしよし」という感じですよ(笑)ゆっくり観れました。

大人も子供も楽しめる美術空間はまだ日本には沢山はないですからねぇ。いいところでした。
娘もなにかしら感じることがあったはず。
心地よい体験は未来の人生に影響をおよぼしますからね。僕自身そうでしたから。

しかし。夏休みの宿題の日記。
楽しかった思い出は?の欄は「よしもとしんきげきにいきました!」となっとりました(笑)
そっちが一番やったか!
ま、それもよしかな。

スポンサーサイト

9月、10月のカレンダー

2014年09月11日 19:59

037 - コピー
‐9月‐
◆7日:素焼き
◆28日:本焼き
●23日(火)春分の日にて、お休みいただきます

釉掛けのタイミングを逃さぬようよろしくお願いします◎
※両日とも土曜日には窯づめ終了してるかもしれません

‐10月‐
◆5日:素焼き
◆26日:本焼き(酸化) 

会員の皆様よろしくお願いします



最新記事