8月焼き上がり!

2015年07月31日 21:53

033 - コピー
017 - コピー
003 - コピー
007 - コピー
055 - コピー
023 - コピー
041 - コピー
044 - コピー
わたくし、最近ほどよく田舎な感じの所へ引っ越しをしまして、部屋を整えることに日々時間を費やしております。
基本陶芸の工房が目的のこの場所。
まずは随分汚れていた部屋を拭き掃除。それから床に傷が付かないようにマットを敷いたり、沢山物が置けるように棚を組んだり…。
僕は引っ越しが多い人生でして手順は多少慣れているつもり。
自論では引っ越しは始めが肝心。始めをビシッと整えておくと結果あとが楽!そう思っている。
いや、そう思い込み過ぎているからなのか、今回のはなかなか終わらない…(-_-;)
しかし、いよいよ後半戦になって来ていると感じられることが本当に嬉しい今日この頃。
何カ月もコツコツ頑張ってきたからなー。エイドリアーン(叫び)

田舎ですから昆虫にも出会います。
いいのならカブトムシ。でも大体はきもいクモとか蛾とかでゾッとすることがほとんどです。
それでも、もともとが僕は田舎育ちなもので、田舎は気持ちが落ち着きます。
風を肌で感じれる感覚が好きなんです。街に住んでいた時も勿論風を受けていたと思うんですけど、高い建物がないからかな?木がザワザワ揺れたりするからかな?不思議と街より風を感じれるんです。
で、その風が幼い日の記憶とかをふと蘇らせたりして、ほどよく心地がいいんですよね。

この風が僕にとって追い風でもあってくれるとなおのこといいのですがね。
でも、まあどっちでもいいかな。



※会員のみなさま。
年に一度の土鍋づくりの季節がやってきました。
耐火粘土で制作をします。
土鍋だけでなくグラタン皿なども制作可能です。
作りたい方はそろそろご準備を!

12月6日素焼き(最終)
12月20日本焼き
※乾燥期間を考慮して、11月20日ぐらいには形を完成させらように制作を進めてください。
スポンサーサイト

○○のためのカップ展の作品たち!

2015年07月10日 13:54

026 - コピー
030 - コピー
041 - コピー
054 - コピー
072 - コピー
066 - コピー
059 - コピー
088 - コピー
046 - コピー
099 - コピー
103 - コピー
116 - コピー
127 - コピー
140 - コピー
201 - コピー
158 - コピー
168 - コピー
177 - コピー
077 - コピー
259 - コピー
234 - コピー
255 - コピー
280 - コピー
227 - コピー
226 - コピー
188 - コピー
344 - コピー
336 - コピー
329 - コピー
327 - コピー
304 - コピー
300 - コピー
288 - コピー
308 - コピー
273 - コピー
209 - コピー
217 - コピー
カップ展の作品たちです!

ちょっとお知らせを!

2015年07月05日 12:24

002 - コピー
木村の私事で恐縮ですが、展覧会のお知らせです。
京都に行かれる予定がある方は、もしよろしければお立ち寄りくださいませ。

ギャラリー翔
〒606-0841 
京都市左京区北山通下鴨中通東入ル北側
TEL&FAX:075-724-8154
E-MAIL:ga-sho@yk.rim.or.jp

010 - コピー

○○のためのカップ展終了!と8月の予定

2015年07月02日 13:53

005 - コピー
カップ展無事終了です。大変いい展覧会となりました。
その最終日の打ち上げパーティーと合わせて、サプライズで山田先生のお仕事引退を祝うパーティーを行いました。
山田先生ご夫妻にも大変喜んでもらえましたし、お陰様でいいパーティーとなりました。

陶音経営者の山田ご夫妻との出会いは今からちょうど8年前。僕が台湾での仕事が不意に終わってしまって仕事のあてもなく日本に帰って来た夏のことです。とりあえず食べていかねばということで飲み屋の仕込みのアルバイトをしながら日本での新たな生活をスタートして数か月経った手探りの時期でした。
大学時代の恩師から陶芸教室の講師の仕事の空きがあるからやってみてはどうかと誘われ、たどり着い場所が陶芸教室陶音でした。
山田ご夫妻とは面談という形で始めてお会いすることになったのですが、僕は少し話をしただけで山田ご夫妻に興味を持ちました。「なんか楽しそうな感じの方々だな」と瞬間でエネルギーを感じとったんです。
そしてその後、雇っていただけることが決まって、緊張のなか働き始めます。
そんななか、山田先生の陶芸作品を始めて見せていただく機会があって、そのとき妙に安心したことを覚えています。
作品からお人柄が伝わってきたんです。
「いい人に出会えたかも」そんな風に思える作品だったわけですね。
僕は人が熱を込めて作ったものを見たときに、大体その人物を感じ取ることが出来ます。下手に本人と会話をするよりもよっぽど感じ取れます。自分との相性も含めて。
勿論僕の8年前の読みは間違いじゃなかったわけです。ほんとにいい人に出会えたことが嬉しい。

このたび経営を引退することを決められたわけですが、今後もきっとエネルギッシュに生きていかれるんでしょうね!なんの心配も湧いてきません(笑)うらやましいかぎり!
お仕事は一段落ということなのでしょうが、僕は今後も山田ご夫妻の行動から熱いエネルギーを感じさせてもらうつもりでいます。そして、自分の人生の糧に学ばせて頂ければと思っておりますよ。

山田耕造さん佳子さん、とりあえずお疲れ様でした!

〈わぁちゃー!この写真。今回の主役、山田先生ご夫妻がいない。いるときに写真が撮りたかった。無念!〉

033 - コピー
〈窯の予定〉
8月2日(日)素焼き
8月30日(日)本焼きRF(還元)
〈休みの予定〉
8月13日~16日はお盆休みとなりますのでご了承ください。
8月、9月のフリータイム(火、水)は休講となります。ご了承ください。


最新記事