8月焼き上がり!

2017年08月04日 22:32

023 - コピー (2)
034 - コピー
053 - コピー
048 - コピー
029 - コピー
038 - コピー
012 - コピー
014 - コピー
008 - コピー
026 - コピー
先日、ちょっとした用事があったもので、学生時代に下宿していた京都の上賀茂あたりへ行ってきました。
気が付けば卒業して20年ほど経ってしまった感じなので、なんとも懐かしい思いに心囚われました。
「よし、今日は久々のあそこで昼食を食べよう!」
用事も終わって、テンション上がって思い出の飯所へ行ってみることに決めました。一人ワクワクと。

一件目「コンビニにかわってるかぁ。しゃーない次行こ」
二件目「あ、ないわテナント募集」
三件目「建物ごとない!駐車場に変身!」
四件目「えっ。道ごと変わったパターン!全然わからん。ここどこ?」
全然なくなっているんです。思い出の店。
「町も随分変わったか…」
段々テンションが下がる。が、舌は完全に思い出の味を求めている。
「もうウロウロ1時間ほど経ったな。いい加減にせんとな。特別思い出深いって店でもないが、あそこにあった蕎麦屋。あれで最後にしよう。90%ないだろけど」
そして、車で店前をゆっくり通ってみる。と、なんとあるんです!
でも。なんか。完全に古びている…。人けも感じない…。
「きっと、その後さびれて、そのまま惰性で続けてきて、今じゃオジイ店主のボケ防止のためにやってる店になっているのだろう」
「きっと、こだわりを失ったダシ汁には覇気のない蕎麦がグッタリ浮いているのだろう」
「きっと、注文して何十分も待たなければ品も出てこないのだろう」
「きっと、汁に指がつかったまま、お椀をヨロヨロ持って来るのだろう」
さまざまなネガティブな憶測が一瞬で判断を導く。
「かたじけない。それはよう食わん!」
自然と車は店前をスル―。
通り過ぎたところの交差点の赤信号にかかる。
そうして、信号待ちをしている間に今度はこんなやつが頭に登場してくる。
「待てよ。また探すのか。無理だろ」
「たとえまずくても今日はいいのではないか。思い出を食べに来たわけだし…」
「よし。行っちゃろか!今日のおれは一味違う!で行ってみっか。やべー指そば食ってみっか!」
車をバックして駐車場へ。妙なテンションのまま扉をガラガラ、中へ…。
「あれ?意外と店内人いるのね」
ちょっとホッとして、鴨なんば蕎麦を注文。
待っている間にドンドンお客さんが増えてくる。活気に溢れている。あれあれ?
大して待たずに出てきた鴨なんば蕎麦。一口食べたらびっくりの美味さ!
「えっ。こんなにここの蕎麦美味かったんや(大感激)」
「疑ってすまぬっ!オワコン扱いすまぬっ!切っ腹っ!」
内心取り乱すほど美味しくてウキウキです。来てよかった!
そうなるとお店の人になにか一言伝えたくなる気分に…。
「20年ぶりに来たんです。変わらず美味しい蕎麦ですねー」かな。
「こんな美味しい蕎麦20年ぶりです!前にここで食べた以来!!」かな…。

汁まで飲んでお腹いっぱい大満足!
で、最後僕が店員さんに言った台詞は…。
『ごちそうさまでした』
20年経っても、僕のチキンハートもそうそう変わりませんなぁ(汗)
002_20170803213910321.jpg

スポンサーサイト


最新記事