FC2ブログ

6月焼き上がり!

2018年06月02日 18:34

008 - コピー
047 - コピー
062 - コピー
007 - コピー
069 - コピー
014 - コピー
010 - コピー
005 - コピー
002 - コピー
037 - コピー
025 - コピー
若き日の、本当に嬉しいことがあった翌朝は…
目覚めて間もなく心地よい鼓動が脈打つ音を感じる。
鼓動はまるで、喜びの太鼓のよう。
眠気なんて早々に吹き飛んで、内側から湧いてくる喜びをニタニタしながら布団の中でかみしめる。
そののちに起き上がり優雅な気分で目覚めのコーヒーでも飲めば、「生きてる!」なんて台詞が自然に口からこぼれてくる…。
そんな感じの朝だろう。

若き日の、本当に悲しいことがあった翌朝は…
目が覚めてからまず、昨日の出来事が現実であったことを受け入れる試練から始まる。
「やっぱり夢じゃなかったのか…」そんな風に思うと、また悲しみが込み上げてきて、天井の一点を見るでもなく力なく見つめる。
また眠気が来れば流れに沿う気でいるのだが、残念ながら現実社会の様々な生活の音が嫌でもまた生きること促してくる。
なので仕方なく青い顔を洗う…。
そんな感じの朝だろう。

近頃は、とんとこんな朝に出会っていない気がする…。
残念だな。いや、ありがたいな。
まあ、しかし…
心に毛でも生えたんかな?
鎧をまとうのが上手くなったんかな?
感受性が鈍感になったんかな?
あっ、チャレンジの数が減ったんか…にゃー。これは違うと言いたい!
四面楚歌の世の中で一喜一憂することなど言語道断の過ち、と悟ったんです!なんてね。
でも、うん。こんな上手に四字熟語も使えることだし、これは僕も少しは大人になったってことちゃいますか。そうに違いない!
月日に感謝だな。
わっヤダね。なんでもかんでも、感謝感謝ね(笑)
大体この「感謝」って台詞が増えるっつーのはオヤジ化ですな!
自然と口から出だすのね。
でもまあ、許せるものごとが増えるっていうことは、格好悪いことではないかな。僕はそう思うけど。どうでしょね。
負け犬が「ワオ-ン」とでも言うてますかね。ワン(笑)

055.jpg
スポンサーサイト


最新記事