FC2ブログ

土鍋焼き上がり!

2020年12月27日 21:35

DSC_7059 (1) - コピー
DSC_7060 - コピー
DSC_7058 - コピー
DSC_7043 - コピー
DSC_7044 - コピー
DSC_7041 - コピー
DSC_7042 - コピー
DSC_7047 - コピー
DSC_7049 - コピー
DSC_7056 - コピー
DSC_7057 - コピー
DSC_7061 - コピー
DSC_7062 - コピー
DSC_7063 - コピー
先ほど、本年最終の本焼きを焚きあげました。
このブログを書き終えたら本年の陶音は終了となります。
これがいつもの年終わりの流れです。

なんとも本年は慌ただしい年となりました。
そして来年も引き続き気を緩められない年となるのでしょう。

街で、以前あったはずのお店がなくなっていたりするのを発見すると、なんとも心苦しい気持ちになります。
事情はわからないけど、勝手にいろいろな悲しみや痛みを想像して、思わずため息が出てしまいます。
そのあと、「いかん、よしっ!」とか、無意味に気合入れたりして。
個人的には、このコロナ騒動以後、すべてにおいて、良くも悪くも、「以前あった日常に戻る」という感覚よりは、「新たなあり方に変化する」ということを必要とされるのでは、と予見します。

個人的に…
「頑張って!」とか「頑張ろう!」とか、「頑張る」という言葉、なんかしっくりこないんですよねー。
なにかがひっかかる。
「頑張り」でクリア出来る問題もあるし、そういう人もいる。
だけど、そうじゃない問題や人も沢山いるわけで、
人によっては「頑張ってるっちゅうねん!」となると思うし、
頑張り過ぎて壊れていくことだって多々ある。
頑張り方間違えたら全然いい方向にいかないでしょ?
いやむしろ、「頑張らない、ただ日々生きることを楽しむ!」そんな感じの方がよっぽど力湧いてきそうな気さえするし…。
なので、いつも自分が思っている伝えたい感じと違う気がしているんです。
「気軽に、なるべく楽しく、リラックス、周りなんて気にせず、あくまでマイペースで、確かに踏ん張りが必要なときもあるけど、いやそれにとらわれるのはどうかな、大して無理して前向きになる必要なんているのかな、焦らないでそのままの気持ちをゆっくりと…」
うーん、ダメだね。やはりいい言葉がない!
なので、しゃーない…。
新年もみなさま共に、がんばりましょう(笑)


みなさま、本年も大変ありがとうございました。
そして、新年からも引き続き陶音をよろしくお願い致します。
新年は7日(木)からのスタートとなっております。
よいお年を。
スポンサーサイト



12月焼き上がり!

2020年12月18日 22:26

DSC_7005 - コピー
DSC_7013 - コピー
DSC_7021 - コピー
DSC_7011 - コピー
DSC_6996 - コピー
DSC_6999 - コピー
DSC_6995 - コピー
DSC_7001 - コピー
DSC_6987 - コピー
DSC_6986 - コピー
DSC_6978 - コピー
DSC_6977 - コピー
DSC_6974 - コピー
DSC_6993 - コピー
DSC_7009 - コピー
ロクロ引きをするとき…
「ギュイーンときて、グイーーン」
あくまでも感覚的にやる。何度も。

そしてたまに…
「このとき、うつわの外側にある左中指は下段で待機しているんだな。動かしてはいけないってことか。
次にうつわの内側にある右中指で外側ギリギリまで土を寄せていく。このとき自分は右中指を上げていくのが少し早いかもな。
次は思ったより外に土が膨らんできてから土を伸ばしてみよう」
こんな感じで、自分の手の動き、手癖、指の動き、指のどこを使っているのかに至るまで、自分が無意識でおこなっている行動を注意深く、自分自身を真上から観察するようにチェックするんです。
確認作業が終わったら「ギュイーンときて、グイーーン」確認した手つきを少しだけ意識しながらまた感覚的にやる…
を、繰り返す。

「感覚だけ」より
「誰かに教わったものを小手先だけ」より
自分の手が今何をしたのか、自分の動きを自分で確認し理解する。
これ、『土との対話』ですね。
そして「土との対話」=「自分との対話」でもあるのだと思います。

断言します。これを繰り返すと確実に技術が向上します!
これはロクロ引きに限らず、手捻りも、削り作業も通用する技術向上のテクニックです。
いや、生活そのものに使える技術!なはず。
なぜなら…
僕は陶芸をやっていく中で自然と覚えた行動だけど、こういう自分自身の無意識行動を客観視してみることを心理学用語で「メタ認知」って言うんですって。
ビジネスや対人関係を柔軟に対応し、しなやかに生きていく為にとっても役にたつことらしいですよ!
ま、わたくしはおおむね。陶芸でしか使ってこなかったかもな。メタにんにん(-_-;)







1月カレンダー

2020年12月17日 15:02

DSC_7034.jpg
新年7日からのスタートとなります。
よろしくお願いいたします。


最新記事