4月焼き上がり!

2014年04月03日 19:06

043 - コピー
050 - コピー
005 - コピー
009 - コピー
011 - コピー
019 - コピー
034 - コピー
024 - コピー
やっと春っぽい感じになってきました。
個人的にはちょっと鼻がムズムズするしイイッってなるけど、寒いよりはいいですかね。
もうちょっと暖かくなって来たら、やりたいこと、行きたいところ、が出てきて今度は気持ちがムズムズしてきますよ。

7月には京都市美術館に「バルテュス展」がやってくるらしい!
僕は絵画大好きなんです。
ルネッサンスも現代も、東洋も西洋も、具象も抽象も、問わず絵を観るのが好きです。
どんな絵を観るのも好きだけど、自分好みの絵を観れるならそりゃ最高です。
で、バルテュス。
学生時代から「観たい!」と熱望してきた画家のひとり。それがフランスの画家、バルテュスです。

僕は絵を観るとき、なにを表現しているのかとか意味とかあまり考えて観ません。
観たまんまを自分なりに感じ、受け取りたいんです。
どんな意味の絵か、どんな人だったかを知りたくなったら後で調べます。
基本的には何も考えずに、その人の施した色、形、表面の質感、世界観をただ見るだけ。それが僕の鑑賞の仕方です。(なので美術館を出てくるのも人より早いですよ)
バルテュスの絵を始めて観る人によっては、エロい雰囲気、スキャンダラスな感じが好みじゃない人もいるかもしれません。(個人的にはエロいの好き!)
でもバルテュス。意味がどうのとかで済ますレベルの画家ではありません。
色、質感、構図、雰囲気。抜群にいいんです。
職人肌の最高の画家だと思います。
絵画マニアが描く、絵画マニアのための絵です。
僕が大金持ちになったときに、買いたい絵の上位にいる画家です(笑)

僕はいいものに出会い、観たとき、体がゾワッとします。
きっと美術館に行くのは、その感覚にさせてくれるものに出会いたいからだと思います。
京都での開催が嬉しすぎて早めの宣伝になりましたが、バルテュス展!みなさんもよかったら観てみてくださいね。
きっとゾワッとしますから。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toonblog.blog41.fc2.com/tb.php/150-d5343753
    この記事へのトラックバック


    最新記事