5月焼き上がり!と5月予定!

2015年04月30日 17:22

DSC07349 - コピー
DSC07340 - コピー
DSC07343 - コピー
DSC07354 - コピー
DSC07373 - コピー
DSC07362 - コピー
DSC07385 - コピー
DSC07371 - コピー
DSC07380 - コピー
陶芸制作に必要な道具はいくつかあるわけですが。ま、とにかく手が大事!便利!
細かい作業は指先で。大胆な作業は手のひらで。とにかくこれ以上便利な道具はないです。間違いない!
それを踏まえたうえで…僕の好きな陶芸道具ランキング!(どうでもいいとか言わないように)

第3位 「ミニルーター」 
小型の電気研磨機です。少々お値段しますし、なければないでも作陶に問題のない機材。なので長年買わずにきたのですが、数年前に何かのきっかけで思い切って買ったらこれがめっちゃ便利。もうちょい早くに出会っていてもよかった代物!

第2位 「高台カンナ」 
ご存知、高台削りなどで使うあの道具。僕は全体が鉄で出来たタイプのヘッドの角ばったものが好きです。これ一本で器の高台削りは勿論、オブジェの削りだしからなんから出来る地味だけど頼もしい奴!僕は常に10本ぐらい歯先を磨いて常備しています。

さあ盛り上がって参りましたよね。ね。
では記念すべき第1位は… 「木の棒」
作品作りのときに表面をたたいて成形する時があります。その為のたたき棒です。幅5㎝長さ30㎝厚み2㎝ぐらいのただの木の棒です。(材質がいいとかでもない)
大学生の時に大物作品を作るのに木の棒があれば便利かもなと思いゴミ捨て場をあさりに…。そこでちょうどいい感じの木の棒が落ちていたので拾ってきたものがそれです。なんとなく拾ってきた棒きれを20年ぐらい使ってきて、気がつけば常にそばにあるこの木の棒。ここまでくればもうただの棒じゃない。相棒です。(恥ずかし)
中心にマジックで「④-11」と番号が表記してあります。これは僕が台湾で住むことが決まった際、親に頼んで陶芸の道具を後から送ってもらう段取りにしました。その時の税関で必要となる検査番号です。「④-11、セラミックスツール(陶芸道具)」みたいなことを英語表記でいちいち番号、リストが必要となるんです。
僕は税関のこととか何も知らなかったので、隣町に送るようなイメージで「後で送ってなー。よろしく」ぐらいで親に頼んだんですけど、番号打ちとかリスト制作は随分大変な作業であったはず。(棒きれぐらい台湾になんぼでもあったやろにね(笑)文句も言わずに送ってくれた父に感謝!の品です。
とにかく、こいつで随分いろいろな土をボコボコにしばいてきましたよ。以前は背丈ぐらいある壷とかも作っていたこともありますからねー。

輝かしい第1位は「木の棒」でしたー!(どうでもいいとか言わないように)

005 - コピー
≪窯スケジュール≫
5月2日(土):素焼き
5月24日(日):本焼き(還元)
5月31日(日):素焼き
≪休講≫
5月3日(日)~5月6日(水)ゴールデンウィークにて休講
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toonblog.blog41.fc2.com/tb.php/192-1c4e741e
    この記事へのトラックバック


    最新記事