3月焼き上がり!

2018年03月02日 20:02

084 - コピー
067 - コピー
071 - コピー
085 - コピー
092 - コピー
108 - コピー
097 - コピー
112 - コピー
105 - コピー
116 - コピー
124 - コピー
ピョンチャンオリンピックも終了。
気分も少し祭りのあとですわ…。
とかいいながら、個人的には毎回オリンピックって始まるまでは「あ、そうなん。へー、やるんや」という感じで若干のりが悪いタイプです。が…
始まって数日経つと「今日はどうなったかな」だんだん興味がわいてきて…。
誰かメダルでもとれば「おーすごい!」のってきて…。
誰かの感動的なエピソードでもあれば「じーん」と胸を熱くして…。
中盤ぐらいからは「以前から楽しみにしてましてん!」って感じでノリノリに…。
後半には「どうかこのまま終わらないで!」って…。
「ピョンチャン?うさぎのゆるキャラかぁ?」とか言ってたのん誰!って(笑)

羽生くん、高木さん、歩夢くん…。
どの競技見ていても、よかったなー。
でも印象的なものを一つ選べと言われたら僕はあれだな、女子スピードスケートで金をとった小平さん!
2番になった韓国のライバル、イ・サンファと試合後抱き合うシーンに胸が熱くなりました。
国境を越え、勝ち負けを越え、痛みを分かち合い、リスペクトしあうというのは、一生懸命身を投じてやってきたもの同士だけが成す極上のドラマですねー。オリンピック冥利に尽きる!
でも、あの一瞬のドラマには、きっと沢山の努力と、沢山の勇気と、沢山の愛が詰まっているんですよ。(思わずコメントが松岡修造並に熱くなる!)
真のスポーツマンシップがホント眩かった!

で、小平さん。
自分の滑りについて語るときに「氷と対話」という表現が度々出てきます。
これ好きです。なんかいい表現だ。
で、ごく控えめに、ごく控えめに言わせてもらえるなら、ちょっと分かる!その感覚。
あれは格好つけて言っているわけではないな。本当に氷との対話を一番大切にしてきた人、なのだろう。
今回はその結果が金メダルというかたちになったのでしょう!
あらあら。僕は何様でしょうかね。
まあ、お許しを。なにせ僕も長年「土と対話」してきてますからー。まだ片言だけどねー。

よし。僕も頑張りますか!
ま、とりあえず…。
そだねー。陶音のモグモグタイムからかなー
007_20180301210620426.jpg
4月15日は新春会です。
教室は、午前はあり、午後からはなしです。
新春会開始は夕方から。正確な時間は追って連絡致します。よろしゅ!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toonblog.blog41.fc2.com/tb.php/253-0d2aeb1e
    この記事へのトラックバック


    最新記事