FC2ブログ

10月焼き上がり

2018年10月05日 16:31

DSC01881 - コピー
DSC01882 - コピー
DSC01870 - コピー
DSC01904 - コピー
DSC01910 - コピー
DSC01863 - コピー
DSC01851 - コピー
DSC01857 - コピー
DSC01902 - コピー
DSC01892 - コピー

「あ~」
ある会員さんから思わず声があがる。崩れていく器を見つめながら…
これで二度目の失敗。
しめの台詞はこれ。
「心の傷がいえた頃にまたチャレンジします(-_-;)」
015 - コピー
059 - コピー
上の写真二枚は「粉引」という呼び名の伝統的な技法で装飾しています。
手順は、赤土をベースに形作り、高台削りをする。ここまでは普段と同じ。
ここから素焼き前の生乾きのタイミングで白化粧(白い泥)にドボンと浸けこむ。つまり、赤土の表面に白土をコーティングするわけです。
素焼き後は土灰釉など透明系の釉薬を釉掛けして作業は終了。これだけです。
窯焚きは、還元焼成で焼けば写真のもののように黒い鉄分が表面に浮いてきて表情を作ります。
その他、御本手(ごほんで)と言って白化粧の部分が薄いピンク色にところどころ色づいたりする現象もみられます。
それによって単調な白ではなく、複雑な色調の白い器に焼き上がります。
この技法、単純な作業ですがなかなか手強いんです!
なぜかというと、生乾きの状態で白化粧に浸けこむので土が溶けてくるんですね。これが手強い!
まず手際よく行わなくてはいけない。モタモタやると水が回って潰れてきます。
あと、器の生地が薄過ぎたら、これもやはり水が回って数分後に潰れてきます。
一生懸命に形作りをした器が、「グシャリ」これでおしまいです。

僕はですね、この技法がとても好きなんです。
焼き上がりの雰囲気も好きだし、一発勝負の手順も好きです。
「重い器は嫌なので軽くしたい。でも薄くし過ぎると潰れてきてしまうし…」の、丁度よい塩梅を狙っていく。
粉引作業中はドキドキハラハラです。
一生懸命形作りした日々の走馬灯を思い浮かべながら…「どうか神さまお助けー」って感じですよ(笑)
刺激が欲しいそこのあなた!粉引おすすめ!
気になった方、お気軽にご相談を。
DSC01918.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toonblog.blog41.fc2.com/tb.php/262-d32bb048
    この記事へのトラックバック


    最新記事