FC2ブログ

7月焼き上がり!

2020年07月16日 22:27

DSC_6248 - コピー
DSC_6261 - コピー
DSC_6258 - コピー
DSC_6255 - コピー
DSC_6256 - コピー
DSC_6240 - コピー
DSC_6265 - コピー
DSC_6244 - コピー
DSC_6266 - コピー
DSC_6268 - コピー
DSC_6262 - コピー
DSC_6267 - コピー
思いもよらぬような出来事に、世界中がてんやわんや。
緊急事態宣言から教室再開し、久々にブログを書いています。

たいがい、コロナ野郎に不安な気分にさせられて、
「この先どの様なことになったとしても、強く生きよう!」というような覚悟迫られたり(汗)
そんな中一つだけ…

自粛中に会員の方々に休講の連絡をした際のこと。
みなさんに「教室再開の日を待ってます!」とか「土が恋しいです!」とかいうような言葉を沢山頂いて、
「こんなにも教室のことを思ってくれている人がいるんだなぁ…」と、
わたくし正直、思わぬところで温もり頂いてしまいました(笑)
会員の皆様、勇気もらいました。
ありがとうございます。
しかし、まだまだ気を緩められない状況ですね。
手洗いうがい、お互い気を引き締めて予防に努めましょう。

僕は自粛中の期間、開催間近の個展が控えていたものですから、多くの時間を作陶に費やしました。
体調管理にランニングなど運動も少々したり。
あと、気晴らしにユーチューブで動画あさったり…

何を検索してたどり着いたのか忘れましたが、
昭和のアニメ「日本昔話」の怖い話にたどり着きましてですね、
その中の「飯降山」(いぶりやま)という福井県の話に僕はとても興味をひかれました。
すこぶる不気味で、シュールで、それでもってなんだか魅力を秘めたお話なんです。
昔話は一般的に、教訓とか、いましめとか、そういう様なものが多いように思うのですが、
この話にはそれが感じられないんです。
なにをどう受け止めていいのか分からない…
そして、なんとも後味悪く、ジワジワ怖い…
自粛中の夜中、僕は思わず何度も何度も見返して、たんびにゾッとしましたとさ!

お話は10分程度。
誰か、この話どういうことか教えてー





スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toonblog.blog41.fc2.com/tb.php/309-a06e7884
    この記事へのトラックバック


    最新記事