FC2ブログ

4月焼き上がり!

2018年03月30日 22:44

026 - コピー
048 - コピー
040 - コピー
041 - コピー
052 - コピー
035 - コピー
063 - コピー
067 - コピー
069 - コピー
a - コピー
005 - コピー
020 - コピー
019 - コピー
s - コピー (2)
海、川、湖、池…
僕は水辺を見ると心が穏やかになる、魚座男子!
京都に住んでいた若い頃、心に疲れを感じたら琵琶湖に癒されによく行きました。
ナイ―ブな青年だったもので、だんだん行く日が多くなり、それならと最終的に琵琶湖の近所に住みました(笑)

先日、自分の工房での作陶作業が予定より早めに一段落した日。
自転車で10分ぐらいの場所に大きな池があるのですが、そこの桜を見に行ってみよう!と思い立ちました。
池の名前は久米田池。
大阪府内のため池の中で最大の水面面積を誇る池で、725年から738年にかけて作られた歴史ある大きな池です。

日が沈む前に自転車でひとっ走り。道も最短距離を狙っていく。
引っ越してきて3年目で、いまひとつまだ地理がわからない。
もう少しで池のはずなんだけど…。
僕はグーグルマップを見ると余計迷ったりするたちなので、こういうときはやはりコレ!
「あの、すみません。池に出たいんですけど」
犬を連れた人に尋ねる。
「その道を左に行って…」
丁寧に教えてもらって、よし、日暮れが近いぞ急ぐぞGO。
教えてもらった通りに、左に行って坂道を下ってお寺を抜けたら…
池がドーーン!!!
「イェ―イ」
独り言でもおかまいなし。ナイスな景色!

水面は静かな広がりを見せ、たまに鳥が波紋をつくる。
空は夕暮れ前の青空、月が浮かぶ。
桜はまだ五分咲きぐらいだったけど、文句なし!
水辺が僕の魚座心を満たしていく。
頭スッカーンでパッカーン。

「いいかもな人生…」
「おっと!オレのナルシシズムがこの感動を言葉に変えようとしてるぜー。その前に帰るぜー」の台詞がすでにナルシシズムな充実感。
エヘへ。満足満足!

帰りに先ほどの道を教えてくれたご婦人が
「行けました?」と笑顔で声を掛けてくれた。
『行けました。ありがとうございます!』

いつでも手がとどくんだな。「なんかいい日」ってのは。

001_20180331113950984.jpg

3月焼き上がり!

2018年03月02日 20:02

084 - コピー
067 - コピー
071 - コピー
085 - コピー
092 - コピー
108 - コピー
097 - コピー
112 - コピー
105 - コピー
116 - コピー
124 - コピー
ピョンチャンオリンピックも終了。
気分も少し祭りのあとですわ…。
とかいいながら、個人的には毎回オリンピックって始まるまでは「あ、そうなん。へー、やるんや」という感じで若干のりが悪いタイプです。が…
始まって数日経つと「今日はどうなったかな」だんだん興味がわいてきて…。
誰かメダルでもとれば「おーすごい!」のってきて…。
誰かの感動的なエピソードでもあれば「じーん」と胸を熱くして…。
中盤ぐらいからは「以前から楽しみにしてましてん!」って感じでノリノリに…。
後半には「どうかこのまま終わらないで!」って…。
「ピョンチャン?うさぎのゆるキャラかぁ?」とか言ってたのん誰!って(笑)

羽生くん、高木さん、歩夢くん…。
どの競技見ていても、よかったなー。
でも印象的なものを一つ選べと言われたら僕はあれだな、女子スピードスケートで金をとった小平さん!
2番になった韓国のライバル、イ・サンファと試合後抱き合うシーンに胸が熱くなりました。
国境を越え、勝ち負けを越え、痛みを分かち合い、リスペクトしあうというのは、一生懸命身を投じてやってきたもの同士だけが成す極上のドラマですねー。オリンピック冥利に尽きる!
でも、あの一瞬のドラマには、きっと沢山の努力と、沢山の勇気と、沢山の愛が詰まっているんですよ。(思わずコメントが松岡修造並に熱くなる!)
真のスポーツマンシップがホント眩かった!

で、小平さん。
自分の滑りについて語るときに「氷と対話」という表現が度々出てきます。
これ好きです。なんかいい表現だ。
で、ごく控えめに、ごく控えめに言わせてもらえるなら、ちょっと分かる!その感覚。
あれは格好つけて言っているわけではないな。本当に氷との対話を一番大切にしてきた人、なのだろう。
今回はその結果が金メダルというかたちになったのでしょう!
あらあら。僕は何様でしょうかね。
まあ、お許しを。なにせ僕も長年「土と対話」してきてますからー。まだ片言だけどねー。

よし。僕も頑張りますか!
ま、とりあえず…。
そだねー。陶音のモグモグタイムからかなー
007_20180301210620426.jpg
4月15日は新春会です。
教室は、午前はあり、午後からはなしです。
新春会開始は夕方から。正確な時間は追って連絡致します。よろしゅ!

展覧会のお知らせ!

2018年02月02日 21:50

26903715_1082954715178245_2279252898346931707_n.jpg
陶音の器達が展覧会というかたちで、いよいよお披露目になります。
器の制作は、山田由起子先生と馬場幸未先生の二人が制作しております。
二人が器作りを手掛けて3、4年が経ったかと思います。
最近では「店で扱いたい」「飲食店で使いたい」などのありがたい依頼も頂いたり、世間での広がりも見せ始めています。
最初の頃は、手探りで怖々と作り始めた器達も、年月とともに力強く育ち、今では少なからず貫禄を感じさせる器に育ったように思います。
展覧会というかたちで多くの方々に観て頂くには、今がいい時期だと感じます。

僕から見ての陶音の器の特徴は、一点一点手間暇を掛けて「ちゃんと作っている」という点ですかね。
彫ったり、釉薬を重ねたり、どれをとっても大変な作業ですから。
そしてデザインは、主に女子のハートをガッチリ掴んできます。とてもキュートです!
いやいやちゃうちゃう。
男子のハートもちゃんと射とめてきますよ。
僕、たまに焼き上がりをこっそり見てドキドキしてますもん(笑)

展覧会にむけての二人の意気込み、凄いです。
朝早くから夜遅くまで制作する日も多々のようで、並々ならぬ「やる気」を感じます。
みなさま、お時間がございましたら是非是非ご高覧くださいませ。

27067581_1082954718511578_841568640135630554_n.jpg
陶音の色と模様
2月11日(日)ー18日(日)
12:00〜18:00
banQuet87
大阪市西区南堀江4丁目9-34大森ビル201
at banQuet87 https://www.instagram.com/banquet_87

2月焼き上がり!

2018年02月02日 21:29

007 - コピー
023 - コピー
031 - コピー
017 - コピー
028 - コピー
054 - コピー
051 - コピー
056 - コピー


1517481738947.jpg
↑これ、先日みなさんで作った例の「傘立て祭り」の傘立て。焼けました!

まずぱっと見て、このあやしい人物が強烈ですなぁ。これ僕ですかね?
ああありがとうみんな…あはは(汗)

ベンガラやゴスでざっくり色付けしてからビードロ釉をザバッーと流し掛けしました。
それを酸化焼成をして完成!
うん、分かってる。
「ちょっと色暗くね?」って言いたいんでしょ。
はいその通り!ちょっと暗い子になりました。あしからず!
でも、陶音の出入り口には意外とマッチングしてますからね。
みなさん各自の目で確認してみてくださいな。ホントですから。
でも、そのとき…
たとえどんな風に見えたとしても、四の五の言ってはいけません。
心穏やかに…
ごく控えめな口調で…(ほら茶道の台詞あるやん「結構なお手前で」ってやつ)
そんな感じのイメージで言います…
「とてもいいお色ですね(ニッコリ)」
これです。
この台詞をいうところまでが、傘立て祭り!ってことでよろしく。

神対応求む(汗)

1517478786072.jpg
三月のフリータイムは休講となります。ご了承ください。

新年焼き上がり!

2018年01月05日 22:27

054 - コピー
065 - コピー
038 - コピー
060 - コピー
008 - コピー
017 - コピー
028 - コピー
014 - コピー
024 - コピー
052 - コピー
年末29日から頂いたお休み。僕はどのように過ごしたのかを申し上げますと…

まず、新年1月9日からスタートする展覧会の作品制作の仕上げ作業から始まりです。
「正月はちゃんとダラダラしたい!」
こんな思いで最後の追い込み作業を、ヨイコラ、ヨイコラショと。

大晦日の日は…。
最近うちの娘は、鮭の切り身を見ただけで「あっ、とろサーモンや」と言い出すほど、テレビでM-1グランプリを見て以来漫才に心奪われている。
それなら漫才と新喜劇を、なんばグランド花月に観に行ってみよう!という話になり、大晦日の日に行くことになりました。
開演は4時から。
その時間までを僕は「ちゃんと制作を終わらせ、ちゃんと笑える状態で新喜劇を観たい!」その一心で窯焚きを(汗)
で、ギリギリセーフ!NGKに到着。
ちょっと疲れたけどすべての作業を終わらせ、新喜劇を笑って観ることが出来ました!

元旦は初詣に貝塚市の水間寺へ。
お寺は人でいっぱいいっぱい。
願いたいことは沢山ある!けど、やはりここはゲスな欲望をグッとこらえて「みんなの健康」を願いました。

2日は実家の赤穂へ。
父と母と姉一家と、飲んで食べて笑って、昼まで寝たりしながらダラダラダラダラと。
目標としていたこの不毛な時間。ちゃんと過ごすことが出来ました!
実家からの帰り際。
最近めっきり涙もろい母。
なので、あんまり顔を見ないようにしながら
「じゃ、またね。ありがとー」
車に乗り込み大阪へ…。

あっという間にお休み終了。
おかげさまでいい休日を過ごせました!

この分じゃまた直ぐに来年のお正月も来るだろな。
よし。精進するよん!

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。
003_201801052123451df.jpg


最新記事