FC2ブログ

6月焼き上がり!

2018年06月02日 18:34

008 - コピー
047 - コピー
062 - コピー
007 - コピー
069 - コピー
014 - コピー
010 - コピー
005 - コピー
002 - コピー
037 - コピー
025 - コピー
若き日の、本当に嬉しいことがあった翌朝は…
目覚めて間もなく心地よい鼓動が脈打つ音を感じる。
鼓動はまるで、喜びの太鼓のよう。
眠気なんて早々に吹き飛んで、内側から湧いてくる喜びをニタニタしながら布団の中でかみしめる。
そののちに起き上がり優雅な気分で目覚めのコーヒーでも飲めば、「生きてる!」なんて台詞が自然に口からこぼれてくる…。
そんな感じの朝だろう。

若き日の、本当に悲しいことがあった翌朝は…
目が覚めてからまず、昨日の出来事が現実であったことを受け入れる試練から始まる。
「やっぱり夢じゃなかったのか…」そんな風に思うと、また悲しみが込み上げてきて、天井の一点を見るでもなく力なく見つめる。
また眠気が来れば流れに沿う気でいるのだが、残念ながら現実社会の様々な生活の音が嫌でもまた生きること促してくる。
なので仕方なく青い顔を洗う…。
そんな感じの朝だろう。

近頃は、とんとこんな朝に出会っていない気がする…。
残念だな。いや、ありがたいな。
まあ、しかし…
心に毛でも生えたんかな?
鎧をまとうのが上手くなったんかな?
感受性が鈍感になったんかな?
あっ、チャレンジの数が減ったんか…にゃー。これは違うと言いたい!
四面楚歌の世の中で一喜一憂することなど言語道断の過ち、と悟ったんです!なんてね。
でも、うん。こんな上手に四字熟語も使えることだし、これは僕も少しは大人になったってことちゃいますか。そうに違いない!
月日に感謝だな。
わっヤダね。なんでもかんでも、感謝感謝ね(笑)
大体この「感謝」って台詞が増えるっつーのはオヤジ化ですな!
自然と口から出だすのね。
でもまあ、許せるものごとが増えるっていうことは、格好悪いことではないかな。僕はそう思うけど。どうでしょね。
負け犬が「ワオ-ン」とでも言うてますかね。ワン(笑)

055.jpg

5月焼き上がり!

2018年05月13日 12:44

002 - コピー
052 - コピー
016 - コピー
013 - コピー
030 - コピー
037 - コピー
028 - コピー
047 - コピー
023 - コピー
068 - コピー
058 - コピー
063 - コピー
056 - コピー
「作陶中は常にとても集中しています!」と言いたいところですが、そうでもないですねぇ。
デザインを考えるとき、段取りを考えるとき、神経を使う作業をしているとき、そんなときは別ですが。
手を動かす作業のときは集中している時間があったり、よそのことを考えている時間があったり、を繰り返しながら手を動かしているのだと思います。
なので、時には面白いことを思いだしてニヤニヤと。時には嫌なことを思い出してヒンヤリと。しているはず。
そんなときは傍から見ていると、なかなかに不気味な光景でしょうね(笑)

先日の作業中、ふとこんなことを思い出したんです。
25年ほど前?もっと前かもしれない日の記憶…。
家族でなにかの話しをしているときのこと。
「私はこう思う。私だったらこうする。私…私…私…」
主張の強い時期の若かりし日の姉。
そんな姉に父が嫌味っぽく言うんです。
『そんなに、わたしがわたしが言ってたら「たわし」にならないか?大丈夫か?』
いやーな言い方をする若かりし日の父。
「チッ」という感じでイラッとする姉…。

そんなやり取りを思い出しました。
その父の意地悪な台詞が、今更僕のツボに入って作業中に思わずニンマリ。「おとん、嫌味おもろw」と。
「しかし、多少時間が経ったんだな。カッとなるタイプのお二方だったけど、今は二人ともとても穏やかさんだな」などと思いながら、ちょっとの間ニヤニヤがおさまりませんでした。

その後、違う興味に心奪われる…(全然作業に集中出来てないかも-_-;)
「わたし」ホントに言い続けたら「たわし」になるんかなぁ?
で、小声でやってみた。
「わたしがわたしがわたしがわたしが…………」

たわしにならんがなー!

002_20180510113417673.jpg

2018年新春会!

2018年04月20日 19:22

002_2018042017425425d.jpg
先日、陶音新春会を行いまして、無事終了致しましたー!
ところで、このポスター。
天使が春を運んで来るイメージで描いたんだけど…
やれ「怖い」だの、やれ「黒ミサ?」だの、やれ「おやじギャグや」だの….評判悪かったなぁ…(涙)
今となってはこの天使の花の運び先は…僕の心になってしまった!
「キミ、元気をだしな…。あっそうだ!こういうときは沢山飲んで全部忘れてしまえばいいのさ!」と僕に語りかけるよう…
うん。やはりこの会、黒ミサだ。
ではでは飲もうじゃないかー!

30740677_1133191393487910_2062085228410699776_n - コピー (2)
まず、ピザ生地を上手にのばす

30723948_1133191530154563_4503608878730051584_n - コピー
トッピング-

30716687_1133191546821228_6689131669091254272_n - コピー
もう美味そうやね!

006 - コピー
「はい。窯入れて」

009 - コピー
入れたー

021 - コピー
しばし待つ…

022 - コピー
しばし待つ…

012 - コピー
焼けたー

30724309_1133191340154582_4911654480069525504_n - コピー
でけたーでー(はじける笑顔っす)

014 - コピー
ニッコリ

ホントに美味しかったです!ホントに楽しかったです!
お越しになられたみなさま、ありがとうございました!

4月焼き上がり!

2018年03月30日 22:44

026 - コピー
048 - コピー
040 - コピー
041 - コピー
052 - コピー
035 - コピー
063 - コピー
067 - コピー
069 - コピー
a - コピー
005 - コピー
020 - コピー
019 - コピー
s - コピー (2)
海、川、湖、池…
僕は水辺を見ると心が穏やかになる、魚座男子!
京都に住んでいた若い頃、心に疲れを感じたら琵琶湖に癒されによく行きました。
ナイ―ブな青年だったもので、だんだん行く日が多くなり、それならと最終的に琵琶湖の近所に住みました(笑)

先日、自分の工房での作陶作業が予定より早めに一段落した日。
自転車で10分ぐらいの場所に大きな池があるのですが、そこの桜を見に行ってみよう!と思い立ちました。
池の名前は久米田池。
大阪府内のため池の中で最大の水面面積を誇る池で、725年から738年にかけて作られた歴史ある大きな池です。

日が沈む前に自転車でひとっ走り。道も最短距離を狙っていく。
引っ越してきて3年目で、いまひとつまだ地理がわからない。
もう少しで池のはずなんだけど…。
僕はグーグルマップを見ると余計迷ったりするたちなので、こういうときはやはりコレ!
「あの、すみません。池に出たいんですけど」
犬を連れた人に尋ねる。
「その道を左に行って…」
丁寧に教えてもらって、よし、日暮れが近いぞ急ぐぞGO。
教えてもらった通りに、左に行って坂道を下ってお寺を抜けたら…
池がドーーン!!!
「イェ―イ」
独り言でもおかまいなし。ナイスな景色!

水面は静かな広がりを見せ、たまに鳥が波紋をつくる。
空は夕暮れ前の青空、月が浮かぶ。
桜はまだ五分咲きぐらいだったけど、文句なし!
水辺が僕の魚座心を満たしていく。
頭スッカーンでパッカーン。

「いいかもな人生…」
「おっと!オレのナルシシズムがこの感動を言葉に変えようとしてるぜー。その前に帰るぜー」の台詞がすでにナルシシズムな充実感。
エヘへ。満足満足!

帰りに先ほどの道を教えてくれたご婦人が
「行けました?」と笑顔で声を掛けてくれた。
『行けました。ありがとうございます!』

いつでも手がとどくんだな。「なんかいい日」ってのは。

001_20180331113950984.jpg

3月焼き上がり!

2018年03月02日 20:02

084 - コピー
067 - コピー
071 - コピー
085 - コピー
092 - コピー
108 - コピー
097 - コピー
112 - コピー
105 - コピー
116 - コピー
124 - コピー
ピョンチャンオリンピックも終了。
気分も少し祭りのあとですわ…。
とかいいながら、個人的には毎回オリンピックって始まるまでは「あ、そうなん。へー、やるんや」という感じで若干のりが悪いタイプです。が…
始まって数日経つと「今日はどうなったかな」だんだん興味がわいてきて…。
誰かメダルでもとれば「おーすごい!」のってきて…。
誰かの感動的なエピソードでもあれば「じーん」と胸を熱くして…。
中盤ぐらいからは「以前から楽しみにしてましてん!」って感じでノリノリに…。
後半には「どうかこのまま終わらないで!」って…。
「ピョンチャン?うさぎのゆるキャラかぁ?」とか言ってたのん誰!って(笑)

羽生くん、高木さん、歩夢くん…。
どの競技見ていても、よかったなー。
でも印象的なものを一つ選べと言われたら僕はあれだな、女子スピードスケートで金をとった小平さん!
2番になった韓国のライバル、イ・サンファと試合後抱き合うシーンに胸が熱くなりました。
国境を越え、勝ち負けを越え、痛みを分かち合い、リスペクトしあうというのは、一生懸命身を投じてやってきたもの同士だけが成す極上のドラマですねー。オリンピック冥利に尽きる!
でも、あの一瞬のドラマには、きっと沢山の努力と、沢山の勇気と、沢山の愛が詰まっているんですよ。(思わずコメントが松岡修造並に熱くなる!)
真のスポーツマンシップがホント眩かった!

で、小平さん。
自分の滑りについて語るときに「氷と対話」という表現が度々出てきます。
これ好きです。なんかいい表現だ。
で、ごく控えめに、ごく控えめに言わせてもらえるなら、ちょっと分かる!その感覚。
あれは格好つけて言っているわけではないな。本当に氷との対話を一番大切にしてきた人、なのだろう。
今回はその結果が金メダルというかたちになったのでしょう!
あらあら。僕は何様でしょうかね。
まあ、お許しを。なにせ僕も長年「土と対話」してきてますからー。まだ片言だけどねー。

よし。僕も頑張りますか!
ま、とりあえず…。
そだねー。陶音のモグモグタイムからかなー
007_20180301210620426.jpg
4月15日は新春会です。
教室は、午前はあり、午後からはなしです。
新春会開始は夕方から。正確な時間は追って連絡致します。よろしゅ!


最新記事