FC2ブログ

12月焼き上がり!

2020年12月18日 22:26

DSC_7005 - コピー
DSC_7013 - コピー
DSC_7021 - コピー
DSC_7011 - コピー
DSC_6996 - コピー
DSC_6999 - コピー
DSC_6995 - コピー
DSC_7001 - コピー
DSC_6987 - コピー
DSC_6986 - コピー
DSC_6978 - コピー
DSC_6977 - コピー
DSC_6974 - コピー
DSC_6993 - コピー
DSC_7009 - コピー
ロクロ引きをするとき…
「ギュイーンときて、グイーーン」
あくまでも感覚的にやる。何度も。

そしてたまに…
「このとき、うつわの外側にある左中指は下段で待機しているんだな。動かしてはいけないってことか。
次にうつわの内側にある右中指で外側ギリギリまで土を寄せていく。このとき自分は右中指を上げていくのが少し早いかもな。
次は思ったより外に土が膨らんできてから土を伸ばしてみよう」
こんな感じで、自分の手の動き、手癖、指の動き、指のどこを使っているのかに至るまで、自分が無意識でおこなっている行動を注意深く、自分自身を真上から観察するようにチェックするんです。
確認作業が終わったら「ギュイーンときて、グイーーン」確認した手つきを少しだけ意識しながらまた感覚的にやる…
を、繰り返す。

「感覚だけ」より
「誰かに教わったものを小手先だけ」より
自分の手が今何をしたのか、自分の動きを自分で確認し理解する。
これ、『土との対話』ですね。
そして「土との対話」=「自分との対話」でもあるのだと思います。

断言します。これを繰り返すと確実に技術が向上します!
これはロクロ引きに限らず、手捻りも、削り作業も通用する技術向上のテクニックです。
いや、生活そのものに使える技術!なはず。
なぜなら…
僕は陶芸をやっていく中で自然と覚えた行動だけど、こういう自分自身の無意識行動を客観視してみることを心理学用語で「メタ認知」って言うんですって。
ビジネスや対人関係を柔軟に対応し、しなやかに生きていく為にとっても役にたつことらしいですよ!
ま、わたくしはおおむね。陶芸でしか使ってこなかったかもな。メタにんにん(-_-;)







1月カレンダー

2020年12月17日 15:02

DSC_7034.jpg
新年7日からのスタートとなります。
よろしくお願いいたします。

11月焼き上がり!

2020年11月19日 16:59

DSC_6868 - コピー
DSC_6869 - コピー
DSC_6871 - コピー
DSC_6872 - コピー
DSC_6878 - コピー
DSC_6883 - コピー
DSC_6879 - コピー
DSC_6881 - コピー
DSC_6882 - コピー
「『全集中の呼吸』で答弁させていただきます!」
と、菅総理が国会答弁で言って議場が「シーン」となって大スベリの話、笑ったなぁ。
菅さん、そういうこと言いそうなキャラじゃないから、攻め過ぎ(笑)
しかも「全集中の呼吸」のイントネーション微妙に違うし、「こりゃ総理観てねーな」って観ている人は思ったはず。
(後ろの方で漫画好きの麻生副総理の口元が一瞬緩んだとか緩んでいないとか笑)
はい、話題の漫画「鬼滅の刃」の話です!

実は、そういうわたくしもまだ新参者でございます。
夏前あたりに、教室に通ってくれている中学生の女子会員さんに言われたんです。
『先生、一話だけでいいから鬼滅の刃観てみて。絶対面白いから!』って言われて…
「え、ああ、じゃあ機会があったら」って返事して…
『先生、観ないでしょう!」』ってつっこまれ…
「バレたか!あはは」って(汗)…
『もー!』って(怒)…
「わかったわかったみるみる、『秘密の刃』やな」って素で言ったら…
『違うっ!「き・め・つ」ですっ!』って…
こんな感じのやり取りをしていたんですよ。
ところがですよ。今となっては…
先週映画も観て参りましたし(汗)
本日は、会員さんの娘さん所有の単行本もお借りいたしました(-_-;)

「いま、高校受験で教室お休みしている中学生女子会員のキミ。キミが思っている倍、いや倍以上、ぼくは今『鬼滅の刃』にはまっています!」と伝えたい。
うん、悪かった。あれおもろいわ。ありがとう!


しかし、あれですね。
あのお話はきっと「愛」の話でしょうね。(まだ全巻読んでないから知らんけど)
「愛」という題材は、世界中で古くから語り尽くされてきているはずなのに、いまだに語り尽くせない。そしてなにより、何度も語るに値することがらなのでしょう。
アハハ、なんかキザやな(汗)
これは「壱ノ型みなも斬り」でバッサリいっとこ!

12月カレンダー

2020年11月05日 19:58

DSC_6890.jpg
12月28日(月)~1月6日(水)の期間、お正月休みをいただきたく思います。ご了承くださいませ。

10月焼き上がり!

2020年10月30日 15:10

DSC_6860 - コピー
DSC_6855 (1) - コピー
DSC_6853 - コピー
DSC_6852 - コピー
DSC_6850 - コピー
DSC_6847 - コピー
DSC_6854 - コピー
DSC_6844 - コピー
DSC_6841 - コピー
DSC_6837 - コピー
DSC_6835 - コピー
DSC_6845 - コピー
僕にとって陶芸制作は基本的に「幸せ」な行為の1つです。(長くやってきているもので、執着が過ぎて辛くなる日もありますが汗)
その他にも、音楽を聴いたり、映画を見たり、服を買ったり、人と楽しい話をしたり、歩いたり…
幸せを感じれる瞬間は他にも沢山あります。
月並みですが、なにをやっていても幸せは、意外と常に隣にあるものだと僕は思っています。
問題はそれに気が付けるかどうかであって、それが実は日々の幸せに深く関わる鍵なのではないか、と思うわけです。
逆に言うと、「これは絶対に手に入れないと幸せになれない!」なんてものは、実は大してないのでは?とさえ思います。
(健康の問題だけは切実ですが)
童話「青い鳥」はそれをうまくお話にしたものだな!と、歳を重ねる度関心が深まります。

とはいえですよ…
美味しいものを食べるとき(飲むとき)、幸せだなー(笑)
それは高級なお魚やお肉の時もあれば、はたまたラーメンやたこ焼きの時もある。
一杯の水に感じる時もあると思います。
食事の幸福感にジャンルや値段なんて関係ないんです。

「クッソうめーなっ!!!」
「この一杯の為に生きてんちゃう!!!」
って、たまに叫びたくなるぐらい美味しい瞬間に出会う時ってあるでしょ。
その瞬間が、お店で一人の時だったりしたら、ある意味その日は不幸ですわ。
だって今すぐ、今すぐ誰かに叫びたいやん「やばっ!」って(笑)
食事ってわかりやすく幸せだ。
当たり前みたいに食べれるこの日々に感謝しないといけないですね。

僕が思う「最強瞬間幸福度ナンバーワン」は…
「楽しくいれる人と、楽しい会話をしながら、美味しいものを食べ、笑う」
きっとこれやね!
で、その瞬間に「今幸せだ」と言葉にするんです。
そしたら、更に幸せがあふれてくるんですよ。お試しあれ!


※コロナ野郎が落ち着いたら、またみんなで新年会とかやりましょねー!


最新記事