FC2ブログ

11月焼き上がり!

2019年11月16日 20:37

DSC_5297 - コピー
DSC_5284 - コピー
DSC_5286 - コピー
DSC_5309 - コピー
DSC_5292 - コピー
DSC_5295 - コピー
DSC_5293 - コピー
DSC_5300 - コピー
DSC_5302 - コピー
DSC_5306 - コピー
先日「イエスタデイ」という映画を観て来ました。
「ある日、ビートルズの存在がなくなった!」というような、なかなかに無茶な設定のロマンチックコメディーでしたが、温もりましたー◎ほっこりしたい人にはいいかも。

ビートルズ好きなんです。(マニアではありませんが)
多くの音楽ファンが言いがちな台詞ですが、僕もやはりロックバンドの頂点ではないかと思っています。
何が凄いのかというと、感性、感覚、声…まあ全部なのですよ。ハイアベレージなんです。
その中でも、ポップス、ロック、アーティスティックなもの…本当にいろんな音楽を作っていて、その多彩な表現力が僕は凄いと思います。
(僕はようわかりませんが、音楽的にどれもシンプルな曲だけど、微妙にコード進行がマニアックだったりして音楽的にも意外と奥行があるらしい)
ロックミュージック黎明期という時代背景もあるのでしょうが、それにしても、あらゆることを彼らは短期間で成し遂げてしまっている。1人1人が類稀なる才能に恵まれているのに、更に×4!本当に奇跡の4人組です。
(なんか僕たまに。名プロデューサーのように、名評論家のように、全てをわかっている風で、言い切ってみるところがあると思います。本当はそれほどわかってないです!そう、この間も教室で「今回の朝ドラあかんな!」言うといて、一週間後に「めちゃめちゃおもろいな!」に変わったこと。これ含めて謝りたいと思います。ごめんなさいっ!)
 
わたくしはですね。実はですね。恥ずかしながらですね…。
「ビートルズみたいに陶芸制作出来ないかなぁ」というようなイメージがあって、近年土を触っているのですよ…。
表現、技法、いろいろ奏でられる人になりたい!という意味ね。
で、いろいろ作り…。
ところがですよ…。
こんなんじゃ、ずうとるびにも成れやしないわ。と、昨今ブルブル震えて暮らしておりますよ。
やつら罪なロックバンドです。(あ、もちろん。変わらずめげずで励んでおりますけどね陶芸)

ビートルズ、これから聴いてみようかなという方、もしくはベスト盤でしか聴いたことのないという方は是非、アルバム単位で聴くことをお勧めします。流れがいい!
どのアルバムもいいけど、僕は7作目の「リボルバー」というアルバムが大好きです。
いつ聴いても古臭くないし、何回聴いても飽きないです。
ポールのベースが全開ブリブリの一曲目「タックスマン」で既にシビレがきますよ。



12月カレンダー

2019年11月07日 18:50

DSC_5324.jpg

お正月のお休みをいただきます。
12月29日(日)~1月5日(日)までとなります。
よろしくお願い致します◎

10月焼き上がり!

2019年10月13日 20:50

DSC_5204 - コピー
DSC_5199 - コピー
DSC_5207 - コピー
DSC_5208 - コピー
DSC_5194 - コピー
DSC_5193 - コピー
DSC_5164 - コピー
DSC_5184 - コピー
DSC_5174 - コピー
DSC_5190 - コピー
先日まであべのハルカス美術館でやっていたギュスターブモロー展に行ってきました。
僕がかねてから観たかった画家の一人です。
ギュスターブモローは、1826–1898年のフランスの画家で、聖書や神話を題材に、なんとも怪しい、薄暗い絵を描く、暗めのおじさんです。
僕の勝手な意見ですが、昔の画家なのにモローの絵からは現代のアニメみたいな感覚を感じるんです。(そもそも、今モロー展をやるのは、このオタクっぽさが「一周回って新しい!」みたいな感じなんですかね?)
そして、展覧会内容はバッチリ!「このおじさんやっぱり面白れーわ」と僕は大満足でした。
観れてよかった!お伝えするのが遅くてごめんなさい。という感じ、あしからず。

で、観ているうちに強く思ったことがあるんです。
「この額縁作った人、誰?めちゃめちゃセンスいいんですけど!」ということ。
絵もさることながら、絵を盛り上げる額縁!これ、実は随分ヤバいな。と感じたんです。
そう。正直、半分ぐらいは額縁に感動したのかもしれない(笑)

額縁を作るのは職人さんなんですかね?
画家本人も関わるんですかね?
で、ちとだけ調べたっす。
まず、額縁と絵画は必ずしも同じ時代のものではないんですって。
額縁と絵画が最初の組み合わせのまま保たれている例は極めて少ないらしく、展示される時代と場所により、額縁は取り換えられてきているらしいです。
なるほど。じゃ額縁はやはり職人さん的な人の仕事なわけだ。
名もなき盛り上げ上手!格好いいなー。

野球はピッチャーに目がいくけど、実はキャッチャーが頭脳だったり。
プロレスは攻撃の人が目立つけど、受け身を上手にとる人が要だったり。
漫才は「ボケ」が目立つけど、「ツッコミ」が決め手だったり。
バンドはボーカルやギタリストが華やかに見えるけど、実はベーシストやドラマーのリズム隊がしっかりしていてのこと、だったり…

光と影、表と裏。
そして、どれもつながりが大事やねんね。一体感!
一体感にこそ幸福が宿るとさえいえる!(キムラ談)

知らぬうちに誰かの額縁になれていたり、知らぬうちに誰かが額縁でいてくれているとしたら…
そりゃきっと素敵なことでしょな。テヘ

11月カレンダー

2019年10月10日 19:51

DSC_5253.jpg

10月カレンダー

2019年09月08日 18:39

DSC_5113.jpg
10月6日(日)は、午後の部が体験教室の貸切となりますので、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
午前の部は通常通りでやっております。


最新記事